本文へスキップ

表参道で高い技術力のトリガーポイント鍼療法を受けられる鍼灸院です。

鍼灸 表参道エル治療院 HOME > 頭痛

当院の頭痛の施術headache

頭痛改善なら

マッサージに行っても治らない頭痛

頭痛

当院にも頭痛と肩こりで御来院される方はとても多くいらっしゃいます。大抵の方が、辛くなるとマッサージなどに月1.2回、多い方だと週に1回行っていると仰る方もいます。それなのに何故治らないのでしょうか?それは原因にアプローチしていないからです。


原因はわかっているけど正しくアプローチ出来てない@

頭痛に関連する筋肉、その筋肉が硬くなったり関節の動きが悪いと首肩こり、それに伴う頭痛を起こすというのはある程度わかっているので、マッサージや整体でもそのあたりを揉んだり押したりします。しかし、アプローチの仕方そのものが効果的な施術でなければ、その効果も少ないという勿体無いことになります。

また、リラクゼーションマッサージ店などでは、頚部にある神経や血管が表層にあるところなどは、事故に繋がる可能性があるため触らないこと、と事前研修で教えられると聞いたこともあります。しかしその近くの筋肉を緩めないと改善しない症状もあります。大事なのはそれらを傷つけないよう避けて目的の筋肉を触診できる技術があるかどうかだと思います。


筋肉の硬さ以外が原因のこともあります。

硬いと感じる部分や痛いと感じる部分をマッサージしてもらってもすっきりした感じがしない。そんなご経験がある方も多いと思います。実は筋肉だけが硬いから肩が凝ったり、頭痛が起こるのではないのです。筋膜というのも硬くなるのです。その筋膜が硬くなると関節の動きが悪くなり、結果、筋自体の本来の動きが悪くなるということもあります。ですので硬い筋肉ばかりを揉んだりしても改善しないということが起こります。


当院で行う頭痛の施術

頭痛の

当院では鍼やARTという手技によって頭痛の原因となる組織を施術しております。鍼であればトリガーポイントを、ARTであれは筋や筋膜を手技によって施術していきます。まずはしっかりカウンセリング行い、姿勢観察や動作による誘発痛などがあるか、重篤な頭痛ではないかなどもチェックします。 

当院で施術する頭痛の種類

表参道エル治療院では一時性頭痛に分類される慢性的な頭痛(生命を脅かさない頭痛)です。首肩こりから来る、緊張性頭痛・片頭痛・後頭神経痛(一次性頭痛)です。二次性頭痛である、くも膜下出血・脳出血・感染・外傷などによる頭痛は速やかに医療機関を受診して下さい。

二次性頭痛では、突然ガツンと殴られたような頭痛、麻痺や呂律が回らない、発熱を伴う、吐き気や嘔吐、けいれん等があります。簡単に言うと、いつもと違う頭痛と感じた場合には速やかに医療機関に受診して下さい。

頭痛施術の流れ

step1:カウンセリングシートへのご記入

step2: カウンセリング

step3:検査・施術 ARTによる筋・筋膜施術法によって触診・施術を行います。ARTは筋・筋膜の状態を調べながら施術も行える米国で医療特許を持つ手技です(関節を鳴らす、ボキボキするような施術では御座いません)また、鍼が苦手という方にもARTによる施術がお勧めです。

step4:運動指導・生活指導 長時間パソコン使ってお仕事をしていると如何しても首肩の筋肉が凝ってきます。頭痛を誘発する筋肉をケア出来るストレッチや、トレーニングなどのアドバイスを行なっております。また、頭痛の誘発因子となる食品もございますので、食生活のアドバイスも行います。

頭痛の分類

頭痛のタイプは細かく分類されております。ここでは一次性頭痛のタイプをご紹介いたします。

緊張性頭痛
頭痛の中でも一番多いタイプです。
  • 頭を締め付けられるような鈍い痛み
  • 頭全体や、首肩が痛む
  • 月に数回〜頻繁に起こる
  • 数十分から数日続く
  • なんとか仕事や家事はおこなえる
  • 現代社会はストレス社会です。緊張性頭痛はストレスが誘発となるタイプで、精神的なストレスや、肉体的なストレスからも起こります。特に一日中キーボードを使うOA作業では肩の筋肉が常に緊張を強いられてます。また運動不足も原因のひとつです。
片頭痛
男性よりも女性に多いタイプの頭痛で10.20代〜30代の若い方に多いと言われてます。頭部内の血管が拡張し炎症や神経を刺激して痛みが発生するといわれてます。
  • 頭の片側はズキンズキンと脈打つように痛む(両方の時も)
  • 月に1.2回から週に1.2回
  • 痛みが酷く吐き気があったり、嘔吐することも
  • そのため寝込んで仕事・家事・日常生活が出来なくなることも
  • 頭を動かしたり振ったりすると痛みが酷くなる。
  • 人によって月経にともなって起こる。
  • 片頭痛と緊張性頭痛はハッキリ分けられるものでもなく、混合性タイプもあります。片頭痛は動いたりすると痛みが強くなるので、症状が強いときは無理に動かず安静にしてください。

03-6804-3465 営業時間11時〜22時(お問い合わせは9時〜22時で年中無休)


表参道エル治療院

〒107-0062
東京都港区南青山3-7-2
岩崎ビル2階
TEL 03-6804-3465

トリガーポイント鍼

色々な鍼

頭痛

肩こり

腰痛

鍼の感覚