本文へスキップ

表参道で高い技術力のトリガーポイント鍼療法を受けられる鍼灸院です。

鍼灸 表参道エル治療院 HOME > トリガーポイント鍼灸

トリガーポイント鍼灸についてtrigger-point

トリガーポイントとは

当院で行うトリガーポイント鍼灸について

このページでは、当院でこり・痛み施術に対して行っているトリガーポイント鍼療法についてご説明いたします。トリガーポイントという言葉は雑誌やテレビのこり・痛み特集でも登場するほど認知されてますが、当院のトリガーポイントの考え、トリガーポイントって何?どんな施術なの?ということをご説明していきます。


トリガーポイントについて

先ず筋肉に形成されるトリガーポイントについてご説明いたします。トリガーポイントとは「痛覚過敏部位」です。この痛覚過敏部位は、デスクワークや立ちっぱなしなどの筋肉の反復的運動を繰り返したり、ケガをした部分が炎症、その治癒過程で形成されたります。

例えば、皮膚のある場所を怪我して出血したとします。しばらくすると瘡蓋(かさぶた)が出来て出血が止まります。この瘡蓋は誰しも気になるもので、剥がしたくなります。大人であれば我慢も出来ますが、小さいころは何度も剥がしたことにより、皮膚にあとが残ってしまったことはないでしょうか?これが筋肉にも起こっているとご想像してください。

このように特定に筋肉に負荷がかかり、一旦は回復するもまた同じ場所に負荷が加わるとを繰り返すことにより、筋肉などに痛覚過敏部位が形成されると考えます。


デスクワーカーの肩こりトリガーポイント

デスクワークの方で多いのが、同じ姿勢を長時間保つことにより、それを日々繰り返すことにより形成されます。同じ姿勢でモニターを見続けたり、キーボード作業をしたりなどです。姿勢というのは十人十色で人によって癖があったり、楽な姿勢を取ったりします。しかしその楽な姿勢というのも長時間続けていれば、特定の筋肉に緊張を強いるので、トリガーポイントを形成させてしまいます。

骨というのは勝手に動かないので、動かしたり勢を保つのは筋肉です。その筋肉に繰り返しストレスが加わり、コリや痛みを発するトリガーポイントが形成されます。


スポーツなどによるトリガーポイント

スポーツや運動によってもトリガーポイントは形成されます。上にも記しましたが、トリガーポイントは繰り返される動作・特定部位に繰り返しストレスが加わることにより形成されます。

スポーツであれば、特定の動作を繰り返す、またはトレーニングで負荷を掛けているなど、とある筋肉に繰り返し負荷が掛かり、回復しきれずに、やがて痛みを発するようになります。


トリガーポイントに鍼をするとどうなるのか

トリガーポイントが形成された部位というのは、血流が悪くなり筋肉が硬くなってることが多いです。このポイントに鍼で刺激を加えると、ズーンと奥に響くように感じます。トリガーポイントに鍼先が当たった合図みたいなものです。

初めてトリガーポイント鍼灸を受ける方は、この独特な感覚に少々驚かれる方もいらっしゃいますがご安心ください、殆どの方は痛いと感じたりはせず、しっかり効いている感じがする・気持ち良く感じる方のほうが多いです。

トリガーポイント鍼施術の前に

現段階では画像検査などによりトリガーポイントを見つけることは出来ないので、施術前の問診で生活習慣などをお聞きし、実際に動いてもらいどの動きで痛むか、あるいは痛みが治まるか、どんな体制でお仕事をすることが多いかなどをお聞きし、負担が掛かかり、トリガーポイントが存在するであろう筋肉を絞っていきます。 その上で触診によってトリガー特有の反応出現ポイントをみつけ、鍼灸施術をしていきます。

03-6804-3465 営業時間11時〜22時(お問い合わせは9時〜22時で年中無休)


表参道エル治療院

〒107-0062
東京都港区南青山3-7-2
岩崎ビル2階
TEL 03-6804-3465

トリガーポイント鍼

色々な鍼

頭痛

肩こり

肩こり

腰痛

鍼の感覚