本文へスキップ

表参道で高い技術力のトリガーポイント鍼療法を受けられる鍼灸院です。

鍼灸 表参道エル治療院 HOME > 鍼を受ける前のお知らせ・注意事項

鍼を受ける前のお知らせ・注意事項

風邪のとき、高熱があるとき、飲酒時

風邪症状の時や、それ以外で高熱がある時、飲酒時があるときは治療を受けるのはお控え下さい。わからない時はお電話くださればご相談承ります。

風邪・高熱・飲酒時は鍼はお控え下さい。

下記に該当する場合は必ず予めご相談下さい

・血友病・循環器あるいは脳血管疾患がある
・上に伴い、ワルファリンや抗血小板薬などを使用している
・高血圧時
・糖尿病
・妊婦さん

満腹ではない状態でお越し下さい

軽食程度なら問題御座いません。しかし食事して直ぐ、満腹状態で治療を受けるのではなく、少し胃袋が落ち着いてから受けられるのが望ましいです。空腹時は問題御座いません。      

鍼治療後の運動について

症状・個人差・運動強度にもよりますが、鍼治療の後の激しい運動は控えたほうが一応無難です。しかしスッキリした状態で運動したいという方もおられると思いますので、その際はご相談下さい。怪我や関節の痛みのときは安静が基本ですが、それ以外の運動後の鍼治療は特に差し支え御座いません。しかし個人差があるためご相談下さい。

鍼治療後の運動はご相談を

鍼治療後の入浴について

特に制限は御座いません。しかし熱めのお風呂ではなく、通常または少しぬるめのお風呂に入るほうがベストです。熱いシャワーやお風呂は交感神経が働いてしまうことも考えられます。

鍼治療後の入浴はぬるめで

鍼治療後の飲酒は軽くであれば大丈夫です

軽く飲む程度でしたら大丈夫です。鍼を受けた後は血流がよくなっておりますので、酔いが早まるとのお声も聞きます。アルコールだけでなく、食事も腹いっぱいにするのではなく、八分目くらいで胃や腸にも負担を少なくしてあげるのが最善だと思います。

鍼治療後の飲酒は、軽めで

鍼治療後のお体の変化

全員ではないですが、少しダルさを感じたり眠くなる方もいらっしゃいます。そうかんじたら無理せず休息を取って下さい。また、場合により意図せず出血・内出血になる場合が御座いますが、出血しても少量・内出血も暫くすると綺麗なります。

不快・痛いと感じる時は我慢せずお伝え下さい

治療前には触診・徒手検査などでお身体に触れて調べていきます。触れられたくない箇所などが御座いましたら、予めまたは検査・施術中にいつでも施術担当者にお伝え下さい。また、鍼やマッサージによる感じ方には個人差がございます。不必要な刺激感は時として逆効果になることもございますので、痛みを感じる際は我慢せずお伝え下さい。

御来院時の服装はお好きな格好で大丈夫です

施術用のお着替えを用意してありますので、どんな格好で来ても大丈夫です。お着替えは全てクリーニング済みのものを使用しております。気になる場合は持参して頂いてもかまいません。その際は、肩や背中を出しやすいものをご用意いただけると幸いです。

スリッパは全て使用毎にアルコール消毒しております

御来院時に履いていただくスリッパは、使用毎に消毒してお出ししております。
院内のスリッパは使用毎に全て消毒しております。

院内の温度が熱い・寒いと感じたら遠慮せずお伝え下さい

施術中の室内温度には不快に感じないよう気を使っているつもりですが、もし暑く感じたり、寒く感じたりしたら調整いたしますので遠慮せずお伝えください。

     

03-6804-3465

営業時間11時〜22時(お問い合わせは9時〜22時で年中無休)


表参道エル治療院

〒107-0062
東京都港区南青山3-7-2
岩崎ビル2階
TEL 03-6804-3465

鍼治療の回数と頻度について

鍼治療の前のお知らせ・注意事項

背中のコリ・痛みにトリガーポイント鍼

トリガーポイント鍼

色々な鍼

頭痛

肩こり

肩こりを起こしやすい僧帽筋

肩こりに関係の深い肩甲挙筋

腰痛

ギックリ腰へのトリガーポイント鍼

鍼の感覚

鍼の色々な手技