本文へスキップ

表参道で高い技術力のトリガーポイント鍼療法を受けられる鍼灸院です。

鍼灸 表参道エル治療院 HOME > 施術回数と来院頻度について

施術回数と来院頻度について

ストレッチ

ギックリ・寝違えなどの急性症状の場合

良く聞かれるご質問の中に、何回くらい鍼に通えばよいか、そして回数について聞かれます。これについては個人差があり、症状やその強さ、年齢などによっても変わってくるので一概には言えませんが、急な痛みなどであれば最初の鍼治療から多くは1〜3回、出来る限り初回の治療から日を空けずに、受けて頂くことが望ましいです。(週に2回ほど)

ただし、ギックリ腰など急な動けないほどの痛みや寝違いは無理に動かすと悪化することもあります。また、今までに感じたことのない激しい頭痛などの場合は注意が必要ですので、医療機関に行かれることが望ましいです。わからない場合は、先ずはお電話にてご相談下さい。


慢性的な肩こり・腰痛などの場合

慢性的な肩こりや筋肉のコリから来る緊張性頭痛、腰の痛みなどの場合は、その多くが日常生活の中に原因があることが多いです。その為、鍼治療を受けて楽になるも暫くすると元に戻ってしまう。これは鍼が効かなかったというわけではなく、その方の体の使い方やクセ、例えばPC作業における姿勢や座り方が悪かったりなど、日常生活の中にもコリを産む原因があるので、それを出来る限り直していくことが重要になってきますので、運動やストレッチ、姿勢などのサポートもいたします。

まずは週1回程度の治療を3回ほど受けて硬くなった筋肉をリラックスさせてあげて、その後ある程度楽になってきたら治療間隔を空けていく感じになります。

ストレッチ

ゴールの設定

ゴール設定も重要になってきます。週一回・月に数回の施術をダラダラと長期間受けるのではなく、ある程度の治療回数を決めて、今の症状の強さの半分〜1/3くらいまでになったら間隔を空けるなり、一旦様子をみる感じです。もちろんその後もセルフケアの継続は必要です。

慢性的な肩こりや腰痛などは、数回の治療で魔法のように消えて無くなるというものではありません。治療をしつつ、運動・ストレッチ・姿勢改善などを行い、身体を上手にコントロールすることが必要になります。ある程度楽になってきたらそれを継続して頂き、鍼やマッサージなどに頼らずとも、セルフケアをすることでご自身の納得できる身体の状態にすることが出来る。これがゴール設定になります。

こんなことを書くと、凄く地味で大変そうに思われるかもしれませんが、難しいことではありません。運動やストレッチは暫く続ければ習慣化されてしまいます。その後は、動かさないと何となく気持ち悪いという感じになります。

日常生活の改善、鍼治療と運動など


03-6804-3465 営業時間11時〜22時(お問い合わせは9時〜22時で年中無休)


表参道エル治療院

〒107-0062
東京都港区南青山3-7-2
岩崎ビル2階
TEL 03-6804-3465

鍼治療の回数と頻度について

鍼治療の前のお知らせ・注意事項

背中のコリ・痛みにトリガーポイント鍼

トリガーポイント鍼

色々な鍼

頭痛

肩こり

肩こりを起こしやすい僧帽筋

肩こりに関係の深い肩甲挙筋

腰痛

ギックリ腰へのトリガーポイント鍼

鍼の感覚

鍼の色々な手技