本文へスキップ

胸郭出口症候群について|表参道エル鍼灸治療院

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.03-6804-3465

〒107-0062 東京都港区南青山3-7-2 岩崎ビル2階

胸郭出口症候群(thoracic outlet syndrome)について表参道エル治療院

胸郭出口症候群(TOS)とは

胸郭出口症候群とは腕や指に行く腕神経叢という末梢神経の束と、腕や手に行く鎖骨下動脈、鎖骨下静脈が胸郭出口付近で前斜角筋・中斜角筋・小胸筋・頚肋・鎖骨・第一肋骨などに圧迫・牽引されることで起きる症状の総称です。鎖骨の上の窪みあたりにを指で押すと、腕までビーンと痺れたりすると思いますがそのあたりは腕や手指に行く神経・血管の通り道なのです。その辺りが筋肉・骨などによって圧迫されたり牽引されたりして様々な症状が起きるのが胸郭出口症候群です。胸郭出口症候群とは総称であり、原因となっている部位によって4つに分類されます。

【斜角筋症候群】
斜角筋症候群とは胸郭出口症候群(TOS)の一つで、頚部にある斜角筋という筋肉の関与が疑われる症状です。斜角筋は前斜角筋・中斜角筋・後斜角筋・最小斜角筋があります。前斜角筋・中斜角筋の間には鎖骨下動脈と腕神経叢が通過しています。長時間のデスクワーク、上肢の挙上を頻々に繰り返す、姿勢が悪いなどの生活習慣があり、なで肩の女性やいかり肩の男性がなりやすい疾患です。症状としては首から肩・腕、肩甲骨周囲の痛み、しびれ、運動障害・手指の冷感、チアノーゼが現れる場合もあります。原因と考えられるのは前斜角筋・中斜角筋の肥厚により、腕神経叢の圧迫または牽引、上肢の抹消血管を支配する神経の圧迫(中頚神経節・下頚神経節)により上記の様な症状が現れると考えられます。

【小胸筋症候群】
過外転症候群ともいいます。肩関節外転時に胸部にある小胸筋(烏口突起付着部)によって鎖骨下動脈・鎖骨下静脈が圧迫されて腕・手指に症状が出た状態のことをいいます。

【肋鎖症候群】
腕神経叢と鎖骨下動脈・鎖骨下静脈が鎖骨・第一肋骨の狭い隙間で圧迫されて、上肢に症状をおこしている状態をいいます。

【頸肋症候群】
第七頚椎横突起が伸びた先天的な奇形。


※当サイト内における症状、疾患についての記載はあくまで情報発信が目的です。法律上、鍼灸院では診断行為はおこなえません


表参道エル治療院表参道エル針灸マッサージ

〒107-0062
東京都港区南青山3-7-2 岩崎ビル2階
TEL 03-6804-3465
FAX